外資系企業で働くメリットデメリットは?

外資系企業にはメリットがいっぱい

日本国内には日本で誕生した企業以外にも、外資系企業と言われる外国生まれの会社も営業しています。外資系企業で働くメリットですが、能力さえあれば高収入を得る事が可能です。そのため入社してすぐに重役クラスの重大な役職を与えられる事も珍しく事ではありません。
外資系企業だとその手のプロフェッショナルが働いているので、非常に高いレベルで仕事ができるようになります。
外資系企業だと英語圏やフランス語圏出身の人が上司として派遣される場合があり、その際には英語やフランス語で話をしなければいけなくなります。そのため英語やフランス語などが必然的に上手になるのも、外資系企業で働くメリットのうちの一つであるとも言えます。

デメリットもあります

一見すると外資系企業にはメリットだけのような感じがしますが、実はデメリットもあります。国内の企業だと外資系企業と比べて給与は低いですが、住宅手当や通勤手当などの福利厚生が充実しているのが特徴です。それに比べて外資系企業にはそのようなサービスは一切ないです。企業によっては税務関係に関しても自分で行う必要がある場合もあります。そのため日本国内の企業では行う必要がない市役所などへの納税なども、全て自分で行う可能性を考えておかないといけません。
国内の企業だと終身雇用制度なのでよほどの事がない限り解雇はないですが、外資系企業だと実力がないと判断されるとすぐに解雇されたり、基本給が大幅に下げられるので、常に高いレベルの実力を保っていく必要があります。

英語で面接をする際、自分の考えをパッと英語にできず歯痒い思いをする人が多いです。普段から考え事をする時、英語で考えるようにしてみましょう。英語で物事を考える癖をつけるのです。口にだすとより効果的です。

© Copyright Suitable Foreign Company. All Rights Reserved.